もうひとつの旅クラブ もうひとつの旅クラブ

旅クラブ活動

 

貝塚で粋(すい)な処をはしごする レポート

実施日:平成28年1月16日(土)
 時間:14:00~17:00
参加者:6名  
 担当:田尻

 

南海本線貝塚駅をスタート、貝塚中央商店街を歩く。 近木(こぎ)の新地は、かつての花街。

 

 

南新町の寺田家長屋にはカフェ、レストラン、ネイルサロンがある。

 

 

新町の寺田住宅は昭和11年(1936年)に建設される。

 

 

本門からではなく、勝手口から入る。

 

 

門は木造の薬医門(やくいもん)形式で、屋根は切妻桟橋瓦葺、石段は扇を開いたようになっている。

 

 

貝塚太鼓台資料館見学、毎年7月には「太鼓台祭り」が行われる。

 

 

堀之町、岡本住宅は昭和30年代まで「唐津屋」の屋号で醤油醸造業を営んでいた。

 

 

泉州はかつて繊維工業が盛んであった。
テラボー(株)(旧社名 寺田紡績株式会社)は明治45年(1912年)4月創業、津田川河口付近には大正時代に建てられた赤レンガ造りの倉庫・工場が残り、今も使用されている。

 

 

今回内部見学は出来ませんでしたが、西町 廣海家住宅は天保6年(1835年)廻船問屋業、屋敷跡地は東西約73m、南北36mでほぼ一街区を占めている。 廣海家文書は貝塚市の指定文化財。

 

 

願泉寺(がんせんじ)浄土真宗・本願寺の直轄寺「貝塚坊」と貝塚宮感田神社に寄り、 皆さん満足してお開きでした。

 

大阪まち遊学2014
大阪まち遊学2013
大阪まち遊学2012
大阪まち遊学2011
大阪まち遊学2010
大阪まち遊学2009
大阪まち遊学2008
大阪まち遊学2007

旅クラブ活動

What's New!

旅クラブ通信

お問い合わせ